0

プロメテウス

【概略】科学者エリザベスが、地球上の時代も場所も異なる複数の古代遺跡から共通のサインを発見した。それを知的生命体からの<招待状>と分析した彼女は、巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙船プロメテウス号で地球を旅立つ。2年以上の航海を経て未知の惑星にたどり着いたエリザベスは、冷徹な女性監督官ヴィッカーズ、精巧なアンドロイドのデヴィッドらとともに砂漠の大地にそびえ立つ遺跡のような建造物の調査を開始する。やがて遺跡の奥に足を踏み入れたエリザベスは、地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにするのだった…。


SF

.0★★★★☆
リドリー・スコット監督自身が、自ら「エイリアン」の前日譚を描くという事で少し興奮気味に借りてきました。

世間では酷評だったようなのですが、あれだけいわれていた「人類誕生の謎」は結局明らかにはされず、人類ならぬ「エイリアンの起源」が明かされるわけですが。

古代遺跡から得た情報から、プロメテウス号で宇宙へと旅立つエリザベスら調査員、アンドロイド達。目的の銀河系で地球に似た星を見つけ、そこでやがて遭遇する「エンジニア(エリザベスらが呼ぶ創造主らのこと)」の死体。彼らのDNAは人間と全く同じだった。そして暗躍するデヴィッドの思惑。

俺の子犬ちゃんたちが役立つー!ヒャッホーァァアァア!!!とかだんだんテンションがあがってきて、デヴィッドが遭遇するホログラムシーンで盛り上がり最高潮に。

イカ出産(笑)とか船長カッコイイとか、なんだよこれ楽しいじゃん。酷評されてるから「面白かった!」というのは少数派なのかもしれませんが、私はこれテンションあがっちゃったもんね。

確かに「エイリアン」1作目のような映画史に残る傑作とはいえませんが、むしろB級の臭いが物凄くしますが、多分そこが良かったんだと思いますが(笑)映画は楽しめたもの勝ちですもんね♪

結局エリザベスが体から取り出したイカがこの星最後のエンジニアの体から出てきて、それが、エイリアンの祖先になるってことなんだね。大体惑星も違うし、一作目と直接繋がるわけではないんだ。

大量破壊兵器などの身の丈に合わないものを選択してしまうことが身を滅ぼすというのをエンジニアたちが現していたよね。彼らが作ったアレが自分たちを滅ぼす結果となってしまったことを悔やんでか、冒頭のエンジニアの一人がアレを使って自死しちゃうんだけど、我々人類にも同じことが言えるよね。(冒頭の真相は、どうやら自死じゃなくてああやって生命を作っていたらしい)

出演者たちは豪華。マイケル・ファスベンダーなんてアンドロイドっぽくて良かった。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング

シェアする

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。