スリーピング ビューティー 眠り姫と悪魔の館

0

スリーピング ビューティー 眠り姫と悪魔の館

【概略】ひっそりと画家生活を送っているトーマスは、謎の美女から助けを求められる悪夢に悩んでいた。ある日、自殺した叔父の遺産として代々受け継がれてきた豪邸を引き継ぐことになるが…。
ホラー

.0★★☆☆☆
人目をはばかるように画家生活を送っているトーマス・カイザー。彼は、眠り続ける謎の美女に遭遇する不思議な夢をよくみていた。彼女を優しく起こすと必ず助けを求められ、金縛りに苛まれるという不快な悪夢に日々悩まされていた。ある日、法律事務所から彼の元へ突然の遺産相続の連絡が入る。それは、自殺したおじから先祖代々受け継がれたカイザー家の豪邸を引き継ぐものであった。そこで屋敷の写真を見て彼は驚愕する。それは、悪夢に出てくる屋敷であり、夢に出てくる美女がそこにいると彼は瞬時に感じとった。当初、豪邸の売却を考えていたトーマスであったが、不動産業者のリンダから、その屋敷では次々に不可解な事件が起き、125年間に53人が失踪しているという恐ろしい事実を知る。そして、眠れる美女の真実、悪霊屋敷に隠された秘密を暴こうとリンダと共に動き出すが…。

いやいや、優しく起こすって寝てる女性にキスかい。出会ってすぐにそれかい。

しかも超意味深な文章を遺書に残す叔父。「地下室には絶対入るな。これは呪いであり祝福なのだ」そりゃ、入っちゃうでしょう。

額にキスをすると、夢の中で眠り姫が目覚めブライアー・ローズと名乗り、呪いを解くよう頼まれる。失踪した兄を探すリンダと、超常現象専門家のリチャードと共に、トーマスはローズを目覚めさせ呪いを解こうとする。しかし、精霊(ジン)等が襲い掛かってきて…。

リンダのデートした相手の暗号ウィザードが凄い。なんちゅうハイテク。十字軍の時代、祖先が悪魔アザゼル(イヴリース)に花嫁を捧げた。美しい王族だったが…その呪いが続いているってな話だった。ジンがマネキンを操って襲ってくるの超不気味でいいわー。

十字軍の時代に封印されたっていう設定なんだから、ブライアー・ローズはもうちょっと自然なつけまつ毛にすりばよかったのに…あれじゃー魔女ですわ。と、思ったら…。しかし実は「ベールの悪魔」が屋敷の守護者で、悪魔の復活を阻止すべく守っていたのだった。暗号解析もその後の本当の事実を述べる。「カイザー家の血は悪魔に呪われた血であり、彼らの中に悪魔が宿る。悪霊の声が聞こえ、最後は悪魔が復活する」ローズこそが悪魔なのだ。ベールの悪魔が解説中に後ろからローズに心臓とられるのとか笑った。

ヨハネの黙示録、審判の日がはじまる…!てなところで終わりです。びっくりするほどのぶつ切りです、えー^;

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング

シェアする

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。