バイオハザード ディジェネレーション

3

バイオハザード ディジェネレーション

【概略】
ラクーンシティの惨劇から7年後。再びT-ウィルスによるゾンビ化の恐怖に襲われた街を救うため、特殊部隊が現地に向かう。
アニメーション

.0★★★☆☆
セルのみかと思っていたらレンタルもしてたので借りてみました(弟が)。そういうわけで弟とふたりでみたんですが、それはまあ姉弟なので、忌憚ない意見で突っ込みつつみてました(笑)
残念ながら特典はないですが、それは動画サイトで見られたので、OKです(面白かったです)

イケメン(レオンをそう呼ぶ)登場からありえないアクションや次第にごつくなる顔立ち…ラストのクレアとアンジェラの胸の大きさの違い…ああ、もう7年もたつんだねとか。

正直ミラ姐のPVと化してる映画バイオよりは面白かったです。車が夜道を走るところとか飛行場なんかが凄く良く出来ててビックリしたなぁ、やっぱり人間は若干違和感ありましたけど。

思ったよりゾンビシーンが少なく、5につながる場面とかで「ああ…」と思う程度。…というより私、弟のプレイしてるのを横でみてただけでバイオをきちんと最後までプレイしたことないんだよね^;(方向がどうにも苦手でゾンビから逃げようとしてるのに突っ込んだりといまだトラウマ)

まさかのうっすら恋愛シーンやベタな兄妹愛にはびっくりしたけど、洋画と考えるとこうなるのも自然か。

「あ、いま死亡フラグたった」とかそういう風にみてたので感想適当ですみませ^-^

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング

シェアする

3件のコメント

    • ボーさん こんにちは。

      どっちもボンキュですけど、
      ラストの胸の大きさの違いは顕著だったなあというだけの記憶。
      アンジェラでかすぎね?おっぱい星人かね、という…
      ああ映画内容に全然触れてない

  1. ピンバック: 或る日の出来事

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。