死霊のえじき:Bloodline

2

死霊のえじき:Bloodline

【概略】
街にはロッターと呼ばれるゾンビが蔓延していた。大学の医療センターで医学生ゾーイはロッターの研究を行っている。ある日、ゾーイは一方的に好意を寄せられている患者のマックスに強姦されそうになるが、マックスがゾンビに襲われ、ゾーイは助かる。5年後─ゾーイたちは生き残り軍事施設にいたが、さらに世界中にはゾンビが増殖していた。その施設内で抗生剤の効かない謎の伝染病が発生し、ゾーイは施設外へ薬を取得しに行くことになる。途中、5年前に死亡したはずのマックスがゾーイを追って施設内に忍び込んで来る。
ホラー

.0★★☆☆☆
これにロメロの~とか冠するのやめて!全然別物。別物なら、別物リメイクだった「デイ・オブ・ザ・デッド」のほうが何倍も面白いし。「ドーン~」とかもさ。

これが、「Day of the Dead」?「死霊のえじき」??はあ。。。落としたものクンクーンのシーンとかさー、ただのストーカーゾンビ映画じゃんか。

変態マックスはいつまでゾーイに好意寄せてれば気が済むんだ?しかもヒロインはヒロインで、彼女のせいで殆どの生存者が死んでるから好意的に見れないです。

マックスだけ頭部とか一部の機能が人間のままってのも、なんか不自然ですし。

案の定、司令官とゾーイとの間で意見の相違が…。高慢な態度のこの司令官の弟と、いい仲になってるゾーイの様子をみて、マックスが嫉妬したり…で、どさくさに紛れて鍵を失敬してたマックスは逃げて、ロッターが施設内にたくさん入ってきて生存者襲われまくり。

結局、「ゾーイ君は私のものだ」が、「あんたが私のものなのよ」で首チョン目玉ジュルリ。

しかも実験のために外にはたくさんのロッターがいたはずなのに、ラストいなくなってる…?かまれても変異しない体になっても、かまれたら危険じゃないのか…?

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング

シェアする

2件のコメント

  1. makiさんこんにちは私も昨日観賞しました・・・1ヶ月ぶりの観賞でしたが(^^;
    現在ジャンル別インディックスの作り直し中で暇が取れません
    いや~文字数気にしたことなくてホラーやサスペンスのインディックス大半のタイトルが
    消えてました。
    それに気がついたのが年明けだったものでようやく後1000記事にこぎ着けました
    記事数が多くて大変です。
    著うっと放置しすぎはやばいという感じでちょっと休んでこの作品を見て記事をアップ
    しました。
    やはりロメロ監督の3部作はゾンビ映画の傑作ですからリブートするならしっかりしていただきたいよね
    そもそも主人公がオリジナルで言うマッドサイエンティストにあたり若い女性にして主人公に
    しちゃったからお馬鹿な指揮官とマッドサイエンティストの暴走に巻き込まれて苦労する
    一般女性の主人公という構図が壊れてます
    あとバブがただのマックスというストーカーになってるのは許せないですね
    知性のあるゾンビってそういうことじゃなかったじゃないって
    後なにげにハッピーエンドだたのが・・・オリジナルの救いのなさの余韻が好きなのに
    そうそう、タイトル戻されてたんですね変更しておきます

    • せつらさん こんにちは!

      ああーINDEXの作り直しですか。
      結構時間かかりますよね。私も記事移動の途中ですけど
      INDEXがなければもっと時間短縮できるのに…!という思いがあったりもします(笑)
      私の場合は記事もだから、数か月かかることでしょう^;
      私たちみたいに十数年ブログやっていると、記事数も多くて大変ですよね。
      ひそかに応援してます!

      マックスなんて、ゾーイが落としていった彼女の体臭が残る布を
      クンクーンと匂ってましたし…ただの変態ストーカーじゃないか、としか思えません
      そうこれはゾンビ映画ではなくて、ただの変態映画。
      走るゾンビはロメロゾンビではないのです。

      あ、タイトルは戻っています。記事の通りです。
      申し訳ありませんが、変更宜しくお願い致します。

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。