スリープレス それは、眠ると憑いてくる。

0

スリープレス それは、眠ると憑いてくる。

【概略】
睡眠障害に悩む人々を助ける女医のアリス。ある日、全員が睡眠障害を抱えているという一家が病院を訪れ、検査のため隔離棟で夜を過ごすことになるが…。
ホラー

.0★★☆☆☆
寝たら最期!! 何があっても、絶対に目を閉じてはいけない…。

睡眠障害で苦しむ人々をケアする病院施設に勤めるアリス(マギー・Q)。しかし、そんな彼女自身が、弟が何かに襲われ亡くなった過去を持ち、時折悪夢に苛まれる日々を過ごしていた。ある日、一家全員が睡眠障害を抱えるモーガン家が病院を訪れ、入院検査を行うことになった。夜を迎え別室モニターで様子をうかがいしばらくすると、父、母、娘は順に眠りにつくが、何故か息子だけ眠ることを恐れていた。やがて、家族全員が寝入ってしばらくすると、室内で異変が起きるのだが…。

用務員のキャムが残した妖婆という紙片。あの家族には関わるなとか言いながらそんなもの渡すから、そりゃ調べるでしょうよ。

一家の少年ダニエルを寝かさないような色々な手段をこうじるのですが、アドレナリンも数時間しか効かないので、キャムの祖父がアレに襲われていたが姉が命をかけて助けてくれた話をする。それでだいたい話の全貌がつかめるので、あとは、ダニエルが寝ているとき自分たちも寝て、寝ている状態でアレからダニエルから守るというもの。アレとは、すなわり夢魔。

思ってたよりも安直な話でした。一応医者であるアリスが簡単に夢魔の存在を信じちゃうとことか、ちょっとね…。

結局ダニエルを守るために、キャムの祖父を殺してしまったアリスは病院に囚われてて、今度はアリスの娘が、弟や一家の娘が歌ってた「あの子守歌」を歌っていて取り乱して職員を呼ばれるというところでラストでしたよ。

もっとこう夢か現実かわからない…みたいな映画を期待していたのですが…、尺が短いところで気づくべきでしたね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング

シェアする

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。