フェイク~我は神なり

0

フェイク~我は神なり

【概略】
ダム建設のため水没することが決まった田舎の村に、粗暴な中年男ミンチョルが久々に帰ってきた。ミンチョルが不在の間、彼の妻子を含む村人たちは、新しくできた教会の若きカリスマ牧師ソンを崇めるようになっていた。それが村人たちの財産を狙う詐欺師ギョンソクの陰謀だと気付いたミンチョルは、阻止するべく立ち上がる。しかし村人も警察も、トラブルメーカーであるミンチョルの話にまったく耳を貸そうとせず、ミンチョルは「悪魔に憑かれた男」の烙印を押されてしまう。
アニメーション

.5★★★☆☆
ダム建設のため水没する予定の村を舞台に、宗教を利用して村人たちから立ち退き保証金を巻き上げる指名手配犯ギョンソクと若い牧師ソンたちの詐欺行為をキム・ミンチョルが暴こうとする…という内容なんですが、本作が面白い設定だなと感じたのは、娘の大学の入学資金をギャンブルに使ったり、酒を飲み、暴力を振るう主人公ミンチョルがどうしようもないクズ男だというところ。ちなみにヤン・イクチュンが主人公ミンチョルの声を担当。

そのクズ男が、必死にギョンソクたちを告発しても誰にも信用されないというごく当たり前な展開が繰り広げられるのですが、先の見えない展開にはなかなか惹きつけられたし、色々考えさせられたりして、結構面白く観られた。

粗暴でクズなミンチョルが、「お父さんなんて呼ばれたことはない」と偽手紙を見破るシーンも面白かったし、何も出来なさそうなソン牧師が後半牙をむくところなんて、もう!

実に韓国らしい寒々とした貧村、景色などよく描きこまれています。会話などに感じるどこか押しつけがましいその性質も。アニメの絵柄はシリアス作品なので大人絵でこんなものかなって感じですが(むしろ日本のキャラ絵のように可愛かったら気持ち悪い)これ実写を意識して作られたとのことなのだけど(つまりアニメ特有の表現はない)、だったら実写で作ってみたらどうだったんだろうか。予算的な問題かな?そっちのほうが現実味あって面白い気もするんだけど。

まあ、なんでもそうだけれど、自ら考えることを放棄してはいけない。ミンチョルも、妄信者の村の人も、詐欺グループも、誰もかれもが自分たちのやっている事が間違っていないと確信している所が、よくよく考えると恐ろしい。

もしも告発したのが村中が昔から知っている、酒を飲みギャンブルをし暴力を振るうミンチョルではなく、都会ソウルの大学出身の好青年者の告発だったら、村人はもっと耳を傾けたのかもしれない。村人はあまりにも純粋すぎた。そして不安で無知だった。外面に騙されたといっても過言ではなく、若い牧師の言う事を信じて神にすがり選ばれた人しか行けない「天国」に行けますようにと、あくまで他力念質なのだ。それはミンチョルの娘にも当てはまり、とくに彼女の人生転落ぶりは、哀れを通り越して悲惨だ。

一応、オチを書いておくと、ソンは信者を使ってギョンソクを殺害し、ミンチョルも殺そうとするんだけど、警察に見つかって逮捕される。ミンチョルのせいで絶望した娘は父親に監禁されたドアノブで首を吊り…ラストは老いたミンチョルが洞窟の祭壇でブツブツと祈りを唱えてるところで終わっていました。

このように後味の悪さがハンパじゃない映画ですが、「新感染 ファイナル・エクスプレス」に続き、ヨン・サンホ監督は今後も要チェックですね!

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング

シェアする

トラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。